貧血治療に使われる薬剤

経口薬として処方される鉄剤

経口薬として処方される鉄剤は基本的にタブレット状になっており薬剤としても飲みやすいです。また一日に服用する量も2錠と少ないものが多いので、飲む回数も減るため使用者の負担が少ないと言えます。

注射による鉄剤の注意点とは

鉄剤の摂取は一般的に経口摂取になります。急を要する場合や、経口摂取が行えない場合のみ注射を使って鉄剤を投与しますが、注射で行なう鉄剤の摂取は鉄過剰になってしまう可能性もあるので注意が必要になります。

鉄剤剤に含まれるヘム鉄とは

鉄剤に使用される成分でヘム鉄というものがあります。ヘム鉄はレバーやマグロなどの動物性の食材に多く含まれており、吸収率も非ヘム鉄に比べると高いため、ヘム鉄が使用されている鉄剤を要望するといいでしょう。

広告募集中