貧血の隠された注意点

貧血の間は無理のない運動を

運動をする時は体のあちこちに血液が流れます。貧血は血中の酸素が十分に足りていない状態になっているため、激しい運動を行なうと症状が悪化して倒れてしまう可能性もあるのです。運動する際は無理のない程度で行ないましょう。

寝起きには最善の注意を払う

朝起きる時が最も立ち眩みや貧血を起こしやすいです。体が動いていない時間が長いためその分血行も良くないのです。そのため体を急に起こしたり、立ち上がったりするとうまく立てず転倒して怪我をすることが多いので注意が必要です。

寒気を感じる前にしっかり保温

体全体の酸素不足と血行が良くないため寒気を感じてしまいます。普段から体を冷やさないように保温対策をきちんと行ないましょう。寝る時もなるべく体を締め付けないような格好で寝るのも効果的です。

広告募集中